このようなローソク足により高値・安値

外国為替取引市場である外国為替証拠金取引(FX)のことを詳しく追求してみます。

外国為替証拠金取引(FX)は二つの貨幣を取引してその差引額を獲得できるとの手順になります。

こういった二種類のお金の間で生み出される利益をスワップ金利といいます。

このようなスワップ金利は正式名はスワップポイントと呼ばれるみたいです。

スワップ金利(スワップポイント)とは、一日で獲得する事ができますが、日々の為替レートの動向次第で異なるらしいです。

こんな外国為替証拠金取引(FX)のスワップポイントを獲得することを目当てに、外国為替証拠金取引(FX)の為替取引をしている人たちもいるようです。

スワップポイントは、そのFX業者ごとで違いがあるのでちょっとでも儲けが多い業者を利用したいですね。

とは言っても、スワップ金利(スワップポイント)は為替レートが変わると一緒に変動するので要注意です。

同時に、トレードを行うにあたりチャートを読む事が欠かす事ができなくなるのです。

このチャートを読めると、為替のトレードの動きを読み取る事が可能になると言われています。

外国為替取引初心者の方が見たとしたら何を示している図表?と難しく思えるのでしょうけどツボを抑えていることで図表の読み取りが出来るようになるみたいです。

この時期から円が上昇するだろう又は下がる等この時が一番円安になるとこのグラフを見て判別する事が出来るようになり、為替トレードをするには大いに役に立つデータとなるはずです。

ここで言うチャートはローソク足(陰陽足)が使われておりその名前の通りローソクの形をしたグラフで表されているのです。

このようなローソク足により高値・安値、加えて終値か始値などを表現されていてグラフ上でいろいろな形状になっているのです。

Link

Copyright © 1996 www.heidifranscioni.com All Rights Reserved.