www.heidifranscioni.com

カードを店舗にて使う時何度も思ったことがあると思いますが、担当者がわからないためにどの紙をお客さんのもとへ渡すのかわかっていないことがあるのではないでしょうか。というのは、クレジットカードを機械に通すとレジ端末3枚の利用レシートが吐き出されるからで、この明細のどの明細をお客さんの方へ差し出すべきか迷いやすいということがあるのです。3枚の明細について》上記の複数の紙の意味はいかなるものなのかというと、↓の通りとなります。1カード利用者へ渡すべき利用レシート。2店舗で保管する使用明細。3クレジットカード会社保管用利用明細(サインを行う紙)。通常はあたりまえのようにカード利用者に渡さなければいけないレシートをもらうはずですが時として、違う明細レシートを利用者の方へ渡してしまうということであったり記名した側の明細レシート自体を渡すようなというようなケースさえも見受けられるのです。これはパート店員であったり、それほどクレジットカードというものが使われないお店にてクレジットを使おうとするとこんな店舗従業員の戸惑いというものが垣間見ることが出来るのではないでしょうか。仮に店舗スタッフが誤った方のレシートというものを渡そうとしてきた際は、怒りを抑えて「間違ってますよ」と一言直してあげてほしいものです。

Link

Copyright © 1996 www.heidifranscioni.com All Rights Reserved.