www.heidifranscioni.com

ショップでみなの所有カードが使用できるのでもない□カード会社の加盟店舗はだいたいときには5を超えるクレカ会社に加盟していますが、残念ながら一切の店舗でどれものサービスのカードが使えるのでもありません。つまり古い加盟店舗のときにはJCBロゴの書いたクレカしか決済できない場面もあるし、新しい商店の場合だとVISA、MasterCardといったロゴのもののみしか使用不可なときもあります。ダイナースカードのようなカード会社だったら、増して使用できない場所が増えるのではないでしょうか。何の印のクレカが使用可能かというのをどこで判断したらいいんだろう「だったらいかなる方法でどの印のカードが決済できるかを見分けたらいいんだろう?」といってはみたものの、きちんとしたことを知るんだとすると商店の誰かに尋ねてみるほかないというのが残念ながらその答えです。でもおおよその店やホテルにはお店のエントランスのところなどに使えるカードのブランドが書かれた加盟シールが貼り付けられているから「へーその店はJCBが切れるのだな」という感じで分かりやすいようになっているため確認しておいていただけると思います。いっぽうで、しっかりと契約管理が出来ていない加盟店の場合には、ロゴマークが貼られている場合でも「当店舗ではご使用のカードはお使いいただけません」といった答えを受けるなどということもあるわけで、あたふたしてしまう場合だってあるでしょう。できる限りはより多くの加入店で切れるようにする目的で、異種の会社(欧米圏の会社)が書かれている一般的なVASA、JCB、アメリカンエキスプレスカード、といったクレカを複数枚使えるようにしておくようにお勧めします(例:セゾンカードを使っているならMasterCardブランドのクレジットカードを使用する等)。特に日本ではVISA、MasterCard、JCBカードの3つの印が入っているカードを常時使えるようにしておけばよほどのことがない限り全国の加盟店舗で3枚のうち少なくとも1枚のクレカを切ることができます。クレカを使いこなして有効にポイント取得を続けるつもりならば確実にこれらのクレジットカードを使えるようにしておいていただくことをお勧めします。

Link

Copyright © 1996 www.heidifranscioni.com All Rights Reserved.